* RED ONE

d0002500_9161386.jpg

d0002500_858452.jpg




Red Digital Cinema Camera Company は米カリフォルニア州に本社を置き、
レッド・ワンと呼ばれるデジタル・ビデオカメラの開発会社である。
シネマカメラは解像度が4520×2540に達するスーパー35大のCMOSイメージセンサを用い、
価格は17500ドル!
レッド社はサングラスメーカーのオークリーの創業者であり、無類のカメラ蒐集家でもあったジム・ジャナードにより設立された。
ジャナードは2007年11月にイタリアに本社を置く世界最大の眼鏡メーカーのオークリーを約2,000億円で売却。「余生はデジタルカメラビジネスに集中する」と公言している。

シネマカメラ「レッドワン」が映像業界に旋風起こす…
従来数千万かかったシステムがなんと200万円! これからは低予算で映画やCM製作可能になる。

ニュース+より

d0002500_8304584.jpg



10年前のデジタル化の波と混乱、淘汰が3年前からムービーの世界で始まっている。危機はムービーの世界に有り、スティルフォトグラファーには「希望」があるという事でした。3年前とは、Eos5DMkⅡ発売以降という事です。
「なるほど」希望が持てました。お話ししてくださった分析は正しいく同意できる内容でした。
でも、そこで安心してはいけません。宮原さんの言う「スティルフォトグラファー」とは、大ざっぱに言えば「ちゃんと、ライティング」ができる、フォトグラファーの事をさします。
私の世代から言わせてもらえば「デジタル」で感性だけでフォトグラファーになった、フォトグラファーは・・・
さて、写真のカメラはRedone社のEPICです。このカメラ、1000万画素で1秒間に96フレームのRaw撮影ができます。照明やシャッタースピード、コントラスト等の違いはありますが、理論的には、このカメラで撮影した1コマからスティル写真が切り出せるという事です。Red社は3年後には1800万画素で190フレームのカメラを出すと言っているそうです。・・・
もうひとつ、このカメラの凄いのは13EVのラチチュードがあるという事です。
昔、ポジフィルムではグレーを基準にして、明るい方に+2.5段で白に、暗い方にー2.5段で黒になってしまいったと思いました。これに比べて13とは「凄い」としか言いようがありません。

d0002500_953264.jpg










RED ONEはレンズマウント自身が交換式になっています。 RED社が提供しているのがPLマウントとニコンマウントそしてB4マウント。さらにサードパーティからキャノンEOSマウントも発売されています。

これから発売されるEPICやScarletはレンズの対応がより深くなり、標準のPLマウントに加え電子回路に対応した電子レッドマウント、電子ニコンマウント、電子キャノンマウントが発売されます。これはEPICとScarletがデジタル一眼としての設計を含んでいるからです。
by xiamen1 | 2012-01-03 09:27 | その他