<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧




d0002500_1236661.jpg




d0002500_834165.jpg


by xiamen1 | 2008-10-28 14:46



d0002500_1139287.jpg





d0002500_14501512.jpg




大好きな画家ジョージア・オキーフが描く華をイメージして撮影。

ジョージア・オキーフ(Georgia O'Keeffe, 1887年11月15日 - 1986年3月6日)は、20世紀のアメリカの画家。夫は写真家のアルフレッド・スティーグリッツ。
アメリカを代表する女流画家であるオキーフは、70年にも及ぶ長い画歴のなかで、ほとんど風景、花、そして動物の骨だけをテーマとして描きつづけた。なかでも、牛の頭蓋骨をイコンのように威厳を込めて描いた作品群がよく知られる。
オキーフはウィスコンシン州の農家に生まれ、マディソンで高校時代をすごした後にシカゴ美術研究所で絵画を学ぶ。更にニューヨークのアート・スクールArt Students League of New Yorkに入学、ウィリアム・メリット・チェイスに師事した。ニューヨーク滞在中に将来の夫となるアルフレッド・スティーグリッツに出会っている。
1908年にシカゴに戻りイラストレーターとして働いたが、1910年に病気が元で家族がいたヴァージニアに移る。一時、絵画から離れていたが、ヴァージニア大学の夏期講座に出席し、アーサー・ウェスリ・ダウに出会ったことがきっかけで再び描き始めるようになる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
2011年2月24日
NY時間、ドルが下落。リビア情勢に対する懸念から、米国債上昇→長期金利低下→ドル下落の構図となった。

2011年2月23日 06:36:06JST
(06:34)
ドル/円 82.72-77
ユーロ/円 112.97-02
ユーロ/ドル 1.3651-56

NY時間、ユーロが上昇。先週のビーニ・スマギECB理事によるタカ派発言に続き、この日はメルシュ・ルクセンブルク中銀総裁が「3
月3日にECBは上向きインフレリスクの警戒(warn)をする可能性」とコメント。更にウェリンク・オランダ中銀総裁も「短期でのイ
ンフレ動向を懸念」とした事で、ECBは近い将来の利上げに対する地ならしを開始したとの見方が強まった。こうした見方もあってか
、「ECBは次回の会合でインフレリスクを強調し、下ブレリスクの文言を削除。そして今夏に利上げを行なう」といった内容の著名レ
ポートが流れている?との噂も聞かれた(真偽不明)。ポンドは上下動。ポーゼンBOE(英中銀)政策委員が「早計な利上げは間違っ
た判断だ」と述べた事で急落。しかし直後にタッカーBOE副総裁が「CPI を急速に引下げるために、BOEは利上げを急ぐ必要あるだろ
う」とした事で、その流れは削がれた。NZドルは下落。地震が経済に与える影響を考慮して、RBNZ(NZ準備銀)が利下げを行なう可
能性が高まったとの噂・憶測が先行した。スイスフランも堅調に推移。リビアの最高指導者のカダフィ大佐が「辞めるべき職務はな
い」とし退陣を否定。VIX指数は20台後半まで上昇し、欧・米株式市場も軒並み下落。逃避先としてスイスフランが選好された。
ダウは12212.79(-178.46)で取引を終了。
d0002500_13294191.jpg


初取引は自動ソフトを使った大型1部上場株→新興市場株→日経先物取引
で、現在は為替取引を研究中(自動取引ではない)

数週間前から$を売りまくって10円の利ざやに!
レバレッジが効くので自己資金の100倍の$取引が可能。
今日の午後$/¥が96.85に暴落したので税引前の利益が1000万円を突破!(自己資金70万円)




シュミレーション取引ですが。。。w




d0002500_11271767.jpg



さとえさんへ「訳詞」です


d0002500_1294157.jpg