<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0002500_1125611.jpg


MASHさんのブログより

キヤノンサロンで、今撮影中のカレンちゃんのモノクロをPro1でテストプリントをお願いしました。
仕上がりは「凄い!」につきます。
データーを見て、キヤノンサロンの方がチョイスしたペーパーは「キャンソン インフィニティ バライタ・フォトグラフィック A4」。
Eos 5DMkⅢ+EF85mm F1.2L II USMで撮影し、フォトショップで画像処理して、 Silver Efex Rro 2でモノクロに変換、フィルムの粒状をつけたデーターをPro1でプリントしました。
結果、フィルムではあり得ない未体験の世界が出現します。
これまでの、プリンターからのモノクロプリントとは格が違う。温黒調でトーンも豊かなプリントができます。そして問題はシャープさ。要はシャープ過ぎるのです。
とりあえず、粒状をもっと大きく、荒くしなくては・・・
これまでの、プリンターでは問題無かったデーターもPro1でプリントすると色々課題がでてきます。
とくに、レタッチをどうするか・・・ 今回プリントしたデーター、レタッチは自分でしましたがその程度では粗がバレバレです。レタッチャーに今回のプリントを見てもらい、レタッチをしてもらう事にします。
印刷では網点がかかるので、ここまでシャープには出ません。大きくプリントすれば、写真を見るときに遠くから見るので、これもあまり問題無し。
A4〜A3では、近くからプリントを見る事になるので、色々見えてしまいます。
改めて、最新デジタル一眼レフとプリンターの性能に脱帽です。
by xiamen1 | 2012-07-31 11:04

by xiamen1 | 2012-07-24 12:46



d0002500_161243.jpg



-センサーサイズはAPS-Cサイズを採用。縦横比2:3。
-マウントは新開発の「EF-Mマウント」。アダプター経由で既存のEFレンズの使用が可能。
-撮像素子は位相差AFとコントラストAFに対応した、APS-Cサイズ1,800万画素CMOS。最高感度ISO12,800(拡張時25,600)。
-ファインダーは背面ディスプレイ3.0型約104万ドットのタッチ液晶。
-連写速度は秒4.3コマ。
-大きさは108.6×66.5×32.3mm。重さ約298g(カード・電池含む)。
-オープンプライス。実売価格は22mmF2パンケーキキット 79,800円。18-55mmSTMキット84,800円前後。ダブルレンズキット(マウントアダプター同梱) 109.800円前後。
-9月中旬発売。


<発表会会場語録概要>
キヤノンマーケティング社長
・国内市場の出荷台数は増加傾向。ミラーレスが顕著に。いまや約4割。
小型軽量で、簡単で気軽に撮れるのが特徴。もっといい写真を。
・一眼レフは100万台前後。大切な一枚は一眼レフで撮りたい。
写真の世界居あらたに入ってきたユーザーで成長。
キヤノンとカメラの歴史は、どうしたら、もっと手軽で自由に撮れるか。
・カメラの進化はもちろん、フォトサークルなどの取りくみ。
EOSはレンズ交換式でNo.1に。
・キヤノンのラインナップは業界最多。
誕生から25年を迎えた本日。
ミラーレスEOS,EOS M。
徹底的にこだわった高画質。徹底的な小型軽量。豊富なレンズシステム。
EOSシステムには強力なラインナップが揃っている。
EOS Mはエントリークラス。EOS Kissシリーズでカバーできなかったカテゴリー。
EOSシステムのさらなる強化。
レンズはカメラの命。写真表現の命。いい写真はいいカメラ、いいレンズから。
マウントアダプター経由で、すべてのEFレンズを使用できる。
by xiamen1 | 2012-07-23 13:42




d0002500_14401489.jpg


d0002500_941312.jpg



昨夜の夕食(自己造混合味酢噌醤生平打冷麺)
by xiamen1 | 2012-07-10 09:05 | +食



d0002500_1039643.jpg